採用サイト

エムスリードクターサポート株式会社

entry

HUMAN
人を知る

INTERVIEW
社員インタビュー

#06

医療運営支援

経営ノウハウを活かして
医療機関をサポート
T・T

医療業界出身

50代(社会人歴28年)

病院

社会インフラ整備を志して医療業界へ

医療業界を志すようになったのは、学生時代に医療経営を学んでからです。世の中にはさまざまな産業がありますが、病院や医療というのは人が生活するうえで欠かせないもの。その社会インフラをマネジメントすることに興味を持ったのがきっかけでした。とはいえ、新卒で医療経営に関われるような就職先は当時なかったので、まずは経営コンサルティング会社に就職。16年間勤めてから医療法人に入りました。そこで経営企画責任者として病院運営の仕組みづくりを担当し、2008年には病院運営責任者に就任。およそ5年後に独立して、医療コンサルティング会社を設立しました。主に企業立病院や自治体病院の再生を手掛けていたのですが、もっと広く医療経営に関わりたいという思いが強くなり、縁あって出合ったエムスリードクターサポートに入社しました。

「本当に強い病院」の実現のために

エムスリードクターサポートに入社した最大のポイントは、「医療業界を改革したい」という志を持った成長企業であることです。私はかねてから、仕組みを作ることで、サービスの拡充やコストも適正にできる「本当に強い病院」を作ることができると思っていました。しかし、そのためには既存の医療システムをゼロから見直すことが不可欠です。課題は多いですが、本気で取り組める土壌がエムスリードクターサポートにはありました。そして現在、私は医療機関の経営基盤強化のサポートに努めつつ、本当に強い病院作りを目指しています。

将来を見据えた経営戦略が躍進の鍵

医療経営という仕事は、中長期的なプランを立てて、将来に備えた準備も欠かせません。たとえば、医療業界は2年ごとの診療報酬改定をはじめ、その時々でさまざまな制度変更が行われるので、あらゆる変化に対応できる組織と基盤づくりも大切です。そのため、私は将来的に核となり、今後ますます需要が高まる分野を見出していきたいと考えています。きちんとした体制を整備することが必須となるので、今から次世代の社会インフラを見据えて、超高齢化社会で必要とされる病院づくりのサポートに取り組んでいます。すぐに結果は出ませんが、数年内に支援している病院が注目されたら嬉しいですね。

 

応募職種一覧はこちら