採用サイト

エムスリードクターサポート株式会社

entry

HUMAN
人を知る

INTERVIEW
社員インタビュー

#02

在宅医療プラットフォーム
営業

困っている人を助けたい、それが仕事の原点 Y・M

他業界出身

20代(社会人歴3年)

在宅医療

被災者に言われた「ありがとう」

医療業界に興味を持ったきっかけは高校時代に地元の宮城県で経験した東日本大震災です。当時は私も被災したのですが、その中で炊き出しや支援物資の提供などのボランティアを積極的にやっていきました。その活動の中、本当に困っている人から言われた「ありがとう」という言葉に、とても感動し、自分の活力にもなったことから、将来はこういった本当に困っている人に感謝される仕事をしようと思いました。その経験と、今後様々な面で大きな問題となる超高齢社会という背景がマッチし、医療関係でできることはたくさんあると思い、医療関係事業を立ち上げるという会社に入社しました。その後、多くの業界の方と知り合うことがあり、その中でエムスリードクターサポートの方と出会い、超高齢社会を見据えた取り組みをしていることから一緒に働きたいと思い、入社しました。

訪問診療を普及したい

現在、医療機関サポート部の営業職として、。「いしくる」という訪問診療を行っている医療機関の検索サービスや緊急往診代行サービスなど、在宅医療のサポートとなるサービスを訪問診療に対応した医療機関へご提案しています。「いしくる」は、自宅で療養したい・最期を向かえたいという患者様や患者家族へ、地域で活躍されている医療機関を繋ぐことができるので、とてもやりがいがあります。出来る限り自宅から近く、さらに多種多様な病状に合わせて対応できるクリニックを手軽に探すことができ、さらに医師の想いも見ることができるため、「いしくる」は患者にあったベストな医療機関を探すことができます。これは結果としてQOLの向上に繋がることになりますので、今後さらに進む超高齢化社会において、より良い生活を送るためのきっかけとなるサービスだと考えています。

目指すは在宅医療のスタンダード

いしくる」は、在宅医療に特化したメディアとして、日本の在宅医療、強いてはそれに付随した様々な問題に貢献できるサイトだと思っていますので、ユーザビリティやサービスの質をどんどん追及して、在宅医療検索サービスの決定版を作りたいです。また、緊急往診代行サービスについても、夜間や休日で通常お休みされているかかりつけ医の先生の変わりに出動することで患者様に安定した医療を提供することが可能です。こういったところで、常に変動しているこの業界で、医師・患者間のバランスを取りながらそれぞれ一番良い形で支えていければと考えています。また、この会社は新しい事業をどんどん提案できる社風ですので、モチベーション高く様々な仕事にチャレンジできます。個人的にはヘルスケア関係の事業にもチャレンジしていきたいと考えています。

応募職種一覧はこちら